「首切り様」 感想

 「首切り様」お疲れ様でした!ごまあぶらさんとは初めましてでした。
 主にツイッターのログを軽く直しただけの乱文ですが感想をここに残しておきたいと思います。
 流れてくるKPさん(とりさん)の綺麗な文章と共有メモに感動しいの、ベテラン探索者さん&PLさん達の推理力・キャラを通しての行動力に圧倒されーのでした。私は外も中も常にハテナマーク出していて、KPさん含めて始終優しく教えてもらったり何やらして頂いて、私は受け身で申し訳なかったと共に、救われました。ありがとうございました。皆さんあったかくてそれぞれ格好良かったです。
 ベテランさん達みたいに最初から動けるはずがないけど、そろそろせっかく相手の家に居るんだから「部屋見せてほしい」とかNPCに何か話題振ってみるとかそれくらいは思い至れるようになりたいと思います。どうして私はなんも浮かんでこないんだ……と毎回情けなく感じるのですが、多分私は「何かしなきゃー!」と「ええっとどうしよう」が常に混在していて、勝手にパニックになって突拍子もないことをするか、オーバーヒートした後に頭が真っ白になって動けなくなっちゃう傾向があるんですよね;出てくる情報に対して頭の処理が追いついてない。つまるところ頭の回転が悪い(遅い)んです。「今どういう状況だってばよ……」と理解して飲み込むのに他の人より時間がかかって、それでテンポがずれてしまうところもあると思います。人とコミュニケーションを取って楽しむゲームでこれは致命的では……と悩みましたが、優しい人に囲まれて幸せでした。甘えてばっかりじゃいけないので参考になる技術はどんどん参考にさせて頂いて、ゆっくり覚えていきたいと思います。
 二日目は特にアレを見てしまった立場となったので前日よりは能動的に……とこころがけていましたが、やっぱり自分のことでいっぱいいっぱいになってしまって、他の人に甘えてしまってたなぁ;でもリアル経験値が増えた!
 こんなにぶちんですが、誘って頂けて嬉しかったし楽しかったです。シナリオ自体も2日で終わると聞いていたのでちょっと気軽な気持ちで臨んだら良い意味で最後は考えさせられるもので、終わってお布団入ってから愉悦してました。あと時折交じるLINEに笑わせて頂きました。
 インセインも楽しみにしてます!
 ネタバレになってしまう部分は続きの折りたたみに。
 清掃員のおじいちゃんのうっかりで人の命がヤバイ。というか既に犠牲者出てるっぽい。出てた。
 ……ただ現代ニッポンで紐を切ったから首切り様が復活してしまうーとすぐに信じる→これは解決しなければならないとすぐに行動を起こす友人達も怖いんでないかと私は思いました。
 首切り様見ちゃった案件後も、「えー、都市伝説でしょー?」って誰も否定しないのってある意味怖い。友人に対してSANチェキ案件……にならなくてよかった。ですが数々の修羅場をくぐってきたであろうベテラン探索者さん達に守って頂き清水は死なずに済みました……。窓見てたら死んでた。こわい。お札も渡して下さってありがとうございました。あれにも命救われてる。窓に!窓に!
 
 終盤。本をNPCから頂いてからまだ何か皆で呪文唱えたりイベントがあるかと思っていたのですが、リア充だった友人達の新居で探索者たちが例の首を殺す殺さないの選択をするのかがメインだったのですね。何を言おうか悩みに悩みましたが、言いたいことはPCを通して大体清水の一般人的な言葉で言えたかなと思っています。
 人間、見たこと聞いたこと、読んで理解してしまったもの以上のものは分からないかな、想像するしかできないかなと私は考えています。
 今回持っていった清水には結婚する予定もお付き合い中の相手も、失うと発狂するほどの大切な存在もおりませんので(過去の恋愛経験は知らん)、狂気に陥っているとはいえ相手の心中は想像することしかできない。そして難しい話は抜きにして、生首だけで生かされている紗代さんを見たら「あんまりだよ」以外言えないかなと。PLの私が気の利いた言葉を知らないというのもありましたが……。
 「お前らだって!そろそろ結婚するんだろう?!」と省吾さんに畳み掛けられましたが、結婚とは縁遠いしやっぱりそこまで親密な関係に共感が出来ないんですよね;PLの私もだけど、清水もこれまでの人生で心から人を愛せたことって多分ないんですよ。居ないから想像に限界がある。だから「私だったら」って自分に置き換えて、「私だったら跡形なく殺してほしい」という結論でした。
 それで結論出したのは良いのですが、出しておきながら、辛い役回りは人に任せ(最低だorz)、最期は……人がこんな風に亡くなる場面って初めてだから、見守りたくても怖くて目を閉じてしまったかもしれません。その点目を背けないって宣言してた東雲さんは強いなぁと。家森さん、辛い役回りを引き受けて下さってありがとうございました;役に立てないキャラでしたが、引き受けてくれてありがとうって心から感謝&私は卑怯だったと謝罪していると思います。
 否定せずにお好きにどうぞと、否定する方と綺麗に別れてたなぁ。
 どっちが正解とかどっちが良いとかじゃなくて、あの場面から逃げ出さなかった全員強いなって私は思いました。あの場面で「彼女の幸せに繋がるかどうかしらないけれど、生かしたいなら生かせばいい」と言い切った坂倉さんは一体過去に何があったんだろう……。(友人を救えることができなかったとおっしゃってましたね)
 お好きにどうぞ派のお二人は問題解決にさっと導いてくださいましたね。最後の十鳥くんの「今やるべきは、こっちです」とか、もうほんとそれって感じで。言われて気付きました;。いつまでもNPCに感情移入してるばかりじゃ問題は解決しないんだ。
 冷静な皆さんの話し合いと行動により、逮捕ENDにもならず、坂倉さんに渡してもらった御札の効果で清水も守られ(ありがてぇありがてぇ;;)、無事に平穏が訪れて……ああ平穏な日常って尊い。清掃員のおじいさんがどうなったのかが分からないのも中々に気になりますが、それはまた別のお話ですよね……ww


 以下は清水ともう一人別のPCのどうでもいい語りです。

 アイマスのDo-daiの歌詞の如く、今回は特に特徴ないのが特徴のPCでしたが(一応継続だけど、経験シナリオはカリプソの島のみ)、カウンセラーになった動機として、いとこの看護師(PC:ふりーざー)が子供の頃虐待されてるのを見ていたけれど、清水は何も助けられずにそのまま大人になったというものがありました。設定らしい設定ってそれくらいで、普段は学校を掛け持ちしてカウンセラーしています。あのINTでどうやってカウンセラーになったのとか 考えてはいけないの。
 親含めて、親戚は生きています。いとこ含めて医療従事者が多い家系かな。あまり良い親でも親戚でもないので、清水自身も自覚してないだけでアダルトサバイバーなところがあります。
 基本的に優しいけど、根底に無力感があって結局自分は何も出来ないと思い込んでる。でも人を見捨てきれなかったり、距離感が大切なカウンセラーなのに深入りしすぎてしまったりというミスもしてそうですね。
 友人は居るけどは結婚しないし、したくないし、気性難の家系なので自分は結婚しない方がいいと思っています。なのでゼクシィは読みませんでした……w
 普段は普通の、怒らなければ優しい、適当なさっぱりした女性です。今回の件では事の顛末を見守ることすらできず目を背けてしまったでしょうから、自分のこと責めてるだろうな。

 もう一つ、もし従姉妹のふりーざーだったらあの場面で何て言うかなと想像してみました。
 結論:あんま変わんねぇ。血縁者だし。ただ、ふりーざーの場合は清水より厭世観が強い上に職場で人の亡骸も見慣れてしまって、探索中に人間が目の前で爆発四散するところも見ています。死体の山を見て「どうせ人間死んだらみんな一緒なの」という問題発言もした過激派です。食っちゃいけないものも食べて、身体の細胞の半分は神話生物です。「誰か信頼できる家族が居て、普通に死ねる人間は幸せ」とまで思っています。なんか冷たいですね;ただ、根っこに無力感があること、口は悪いけど何故か人を見捨てきれない部分があることは清水と共通しておりますので、「跡形なく消してほしい」に加えて、
「倫理とかはさておき人間みんな死んだらあなたもこの人も一緒(時間はかかるだろうけど、そんなに愛し合ってるならあの世で逢えばいいじゃん)」
「どうせ死んだら皆一緒だし生殺しは私だったら嫌だよ、職場で見てる延命治療も大嫌い」
 等の厭世的で投げやりな発言が混じったかなと。



 考えさせられるシナリオを回して下さってありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

コメントの投稿

Private :

プロフィール

おっふ

Author:おっふ
ゲームが好き。
アイマスとモンハン好き。
テオ・テスカトルが好き。
雪歩大好き。

スカイプへの登録はお気軽にどうぞ。
スカイプ:ignore-farm

コメントはコメント欄に直接返信させて頂いております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
カウンター
このページのトップへ